家族葬とは

家族葬とはご家族や親しい友人を中心とした少人数で執り行うご葬儀です。

家族葬とは

ご家族・ご親族を中心に、親しい友人を含む近親者とのお別れを最優先に考え、小規模ながらお通夜や告別式・火葬といった一般的なセレモニーを執り行う近年人気のあるお葬式です。儀礼的な弔問がないため、故人さまとのお別れの時間をゆっくり過ごすことができます。

また、家族葬だからといって家族しかお葬式に参列してはいけない、などという事はありませんので、家族葬という言葉のイメージに縛られず、納得のいくかたちで葬儀を行う事ができます。

参列者の人数が少ないなど一般葬よりも規模が縮小することもありますが、葬儀の内容や流れなど、基本的に行うべきことは一般葬と大きな差はありません。

いま家族葬を選ぶ方が増えています。

2017年の調査結果によると、全国で約4割近くの方が家族葬を行っています。家族葬を選択した方の数は、2015年の調査から5%以上上昇していて増加傾向にあり、現在はさらに増えていると言われています。

時代背景やライフスタイルの変化により、自由な内容の葬儀を執り行うことができて家族の絆を大切にしてゆっくりとあたたかなお見送りができる家族葬が支持されているということが言えるでしょう。

家族葬のメリット

家族葬が選ばれている理由

家族葬のメリット

家族葬を執り行う方が増えている理由としては、家族葬の形態が現代の価値観に合っているということが挙げられるでしょう。

近年では、故人が高齢で付き合いの深い友人があまりいないケースも増えていて、参列者の数も減少傾向にあるため、葬儀も小規模になってきているのです。

また、葬儀に関する意識調査によると「自身の葬儀は簡素でよい」という方や、「家族が見守ってくれればよい」という方が非常に高い割合を締めており、気心のしれた家族や身内だけで静かに見送ってほしいというニーズに家族葬という葬儀形態が合っていると言えるでしょう。

故人と別れを落ち着いた環境でおこなえる

一般的な葬儀では、多くの参列者に気を配りながら様々な対応を求められますが、家族葬の場合は気心のしれた方のみで執り行うため、ご遺族の負担はかなり軽くなります。

家族葬なら思い出話など家族の時間をゆっくりとることができるため、故人との別れが落ち着いたものになるのです。

形式にとらわれず自由な葬儀ができる

家族葬は親しい方々だけで執り行うため、世間体や形式にこだわることなく、自由な内容で故人をお見送りできます。
故人の個性を活かした葬儀を行うこともできるのです。

家族葬の流れ

一日目

逝去 ご依頼~お迎え

病院やお亡くなりになった場所まで、寝台車でお迎えにあがります。病院の場合は長時間ご遺体を安置することはできませんので、ご自宅または安置所まで搬送いたします。

お打ち合わせ

今後の流れについてお打ち合わせさせていただきます。ご家族様は心身ともにお疲れのときです。日程に余裕があるときはお打ち合わせの日時を変更することも可能です。日程は火葬場の空き状況と、菩提寺があるときはご住職の予定の確認が必要となります。

二日目三日目

納棺

法律で定められた通り24時間以上のご安置後、故人をお棺に納棺いたします。

通夜

斎場まで寝台車でご遺体を搬送し、通夜を執り行います。

三日目

告別式

翌日には斎場で告別式を執り行います。故人との最期のお別れをなさってください。告別式のあとには、日程を繰り上げて初七日法要も行います。

火葬

スタッフが故人を寝台車で火葬場まで搬送いたします。ご家族も火葬場までご移動いただき火葬を行います。火葬後、葬儀費用をお支払いください。

ご家族様のご都合に合わせて柔軟に対応させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

ご対応エリア

セレモニーライフでは、鴻巣市と下記の地域を中心に埼玉県全域で、葬儀・終活のご相談に対応しております。

鴻巣市・熊谷市・行田市・羽生市・加須市・吉見町・東松山市・滑川町・嵐山町・坂戸市・川島町・北本市・桶川市・上尾市・伊奈町・蓮田市・白岡市・久喜市・さいたま市などの地域を中心に埼玉県全域で、葬儀・終活のご相談を承ります。

埼玉県全域で、葬儀・終活のご相談に対応しております。

お気軽にご相談ください。